kuma-1kuma-2北海道の代表的な民芸品である熊の木彫りは、1920年代に冬期の収入源として作成されるようになったそうです。
職人さん手作りの素晴らしい民芸品ですが、今では職人さんの数も減り続けているようです。
SLOWHAND DEPARTMENTはそんな木彫り熊に大注目しています。
家で眠っている木彫り熊がありましたら是非SLOWHANDまでお持ち下さい。職人さんが1体づつ時間をかけて造った熊を是非生き返らせましょう。

*写真で紹介している熊はいずれも珍しいポーズでサイズも大きなものです。当時の販売価格は両方とも20,000円以上の作家物です。
SLOWHAND価格:各1体2,000円+税