好きな人にはたまらないけど、そうじゃない人からすればただのゴミ。

1950年代初期、家庭で電化製品や、文具などが使われ始めた頃の製品達。
その中でも特に裕福な家にしかなかった物だと思われる物です。

 

おそらく35mmの手動式映写機です。鉄製の箱にBEHARU’SMUSENPROJECTORと刻印があり、蛍3匹のかわいいロゴマークがあります。多分日本製ではないかと思われます。これで映し出される動画是非見てみたいですね。
eisha-1 eisha-2 eisha-3 eisha-4

 

SONYの前身の会社、東京通信工業社製のオープンリールです。
録音用マイクにはSONYのロゴがあります。
おそらく、日本初ぐらいの家庭用録音機械ではないでしょうか。とてもしっかりとした皮製の高級な箱に入っています。通電し、モーターも動くのですが残念ながら現在再生はできません。tape-1 tape-2 tape-3 tape-4

 

とても頑丈な外箱のレコードプレーヤーです。
こちらも通電しますが、ターンテーブルは回りません。
針は100本ぐらい付いています。tikuon-1 tikuon-2

 

小さいサイズのVANCO社製ガリ版印刷機です。
このサイズの物は初めて見ました。vanco-1 vanco-2

次も内田洋行社製ガリ版印刷機。小学生の頃よく使っていた記憶があります。
おそらくまだ使用可能と思われます。だれか、これで印刷物つくってくれないかなぁ。
この頃のロゴかっこいいね。uchida-1 uchida-2 uchida-3 uchida-4

 

いい感じのプラッチックプレーヤーplayer

 

1960〜70年代のお人形もたくさん入荷してます。posedoll